乃木坂三期生単独ライブ

1次先行、2次先行ともに落選。一般発売も数十秒でご覧のとおり。人気すごいなー。
 

Ubuntu 17.04にアップグレードした際のトラブル回避

1. 無線LANが使えない


対策: rfkillコマンドがデフォルトブロックしていたので、次のようにアンロック
# rfkill unblock all

2. python-jsonpatchとpython-oslo.configがアンインストールできない


python-oslo.config

以下のようにダミーのファイルdummyを作成し、それにリンクを貼る。この状態で削除(例えば、dpkg --purge python-oslo.config)

# touch dummy
# ln -s dummy /etc/alternatives/oslo-config-generator 

python-jsonpatch

こちらは、ファイルあるのだがそれがリンクでないのが悪いみたいなので、以下のように適当にリンクを作ってから削除
# mv /etc/alternatives/jsonpatch /tmp
# ln -s dummy /etc/alternatives/jsonpatch 
楽天でチケットを申し込む時、メールマガジンに関して 「不要な方はチェックをはずしてください」と表示されるものの、実際にはグレーアウトになっていてはずせない。極悪すぎる。

MacOS 10.13でのフォントのアンチエイリアスの具合調整

最後の数値を0 (なし)〜3 (強い)の間で調整する。 筆者の好みは1。
defaults -currentHost write -globalDomain AppleFontSmoothing -int 1

Zabbix 3.0のインストールではまったところ。

Zabbix 3.0のインストール方法を検索すれば、たくさん情報がでてきます。 しかし、なぜか、情報が少なくてハマったことがあるのでメモ。
  • 以下のファイルの$DB['PASSWORD']にもMySQL (MariaDB)に設定したパスワードを反映する必要あり
    • /etc/zabbix/web/zabbix.conf.php

LinuxでIPsecのコネクションをオンデマンドで開始する (Ubuntu 16.10)

/etc/ipsec.confでconnセクションにauto=addを指定します。なお、auto=startにした場合、ipsec (strongswan)の起動と共に接続が開始されます。
conn myconnection
(省略)
      auto=add
この状態でstatusを確認しても、何も表示されません。待機している接続(上記のmyconnection)はstatusallコマンドで確認できます。
# ipsec status
Security Associations (0 up, 0 connecting):
  none
接続を開始するにはupコマンドを使います。
# ipsec up myconnection
(省略)
connection 'myconnection' established successfully
接続の終了にはdownコマンドを使います。
# ipsec down myconnection