6.x系のNodejsをUbuntuにインストール

公式ページから引用
curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_6.x | sudo -E bash -
sudo apt-get install -y nodejs

aptでインストール前にバージョンを確認する例

$ apt-cache policy nodejs
nodejs:
  Installed: (none)
  Candidate: 4.7.2~dfsg-1ubuntu3
  Version table:
     4.7.2~dfsg-1ubuntu3 500
        500 http://archive.ubuntu.com/ubuntu zesty/universe amd64 Packages

コンテナ内のUbuntu 17.04でカーネルのログを記録しない

デフォルトではカーネルのログもコンテナのロガーが記録します。これはホストでも記録されているので冗長です。 /etc/rsyslog.confの次の行を削除またはコメントアウトします。
module(load="imklog" permitnonkernelfacility="on")
そのご、rsyslogを再起動します。
# systemctl restart rsyslog

SSHでパスフレーズ認証ができなくなった場合の対処法

ある日、急にSSHのパスフレーズ認証ができなくなっていた。 理由は、誤って自ユーザー(以下の例ではfoo)のホームディレクトリのパーミッションが777にしていたため。
$ ls /home 
20K drwxrwxrwx 57 foo  20K  6月 26 17:00 foo
これを755に修正したら、正常にもどった。なお、ネットを検索すると701にするべきという情報もあるので、ディストロや設定によってはそうしなければならないのかもしれない。

Network namespaceの一覧表示

# ip netns

乃木坂三期生単独ライブ

1次先行、2次先行ともに落選。一般発売も数十秒でご覧のとおり。人気すごいなー。
 

Ubuntu 17.04にアップグレードした際のトラブル回避

1. 無線LANが使えない


対策: rfkillコマンドがデフォルトブロックしていたので、次のようにアンロック
# rfkill unblock all

2. python-jsonpatchとpython-oslo.configがアンインストールできない


python-oslo.config

以下のようにダミーのファイルdummyを作成し、それにリンクを貼る。この状態で削除(例えば、dpkg --purge python-oslo.config)

# touch dummy
# ln -s dummy /etc/alternatives/oslo-config-generator 

python-jsonpatch

こちらは、ファイルあるのだがそれがリンクでないのが悪いみたいなので、以下のように適当にリンクを作ってから削除
# mv /etc/alternatives/jsonpatch /tmp
# ln -s dummy /etc/alternatives/jsonpatch